草の根・人間の安全保障無償資金協力

2018/5/14
https://www.jordan.emb-japan.go.jp/files/000221689.png



 日本政府は、開発途上国における多様なニーズに対応するため、政府開発援助 (ODA: Official Development Assistance)を通して様々な取り組みを実施しています。ODAスキームの1つである「草の根・人間の安全保障無償資金協力」は、草の根レベルで直接裨益し、開発途上国における経済社会開発に貢献する小規模なプロジェクトを援助するものです。
 ヨルダンでは、同スキームは1990年より導入され、NGO、教育機関、その他の非営利団体への資金協力を通して、これまで140件(2017年3月時点)の案件を実施しています。
 
 
「草の根・人間の安全保障無償資金協力」に関する詳細は、こちらをご覧ください。
 
 
ヨルダンにおける過去の実施案件
近年実施の案件については、概要がこちらからご覧いただけます。
 
ヨルダンにおける申請方法(英語のみ)