新型コロナウイルス感染症関連情報(ヨルダン政府の措置とヨルダン国内感染者数等 : 3月30日)

2020/3/30
●30日に開始された銀行店舗の営業時間について,昨日は午前10時から午後2時までとの発表でしたが,午後3時までに延長することが決定され,同延長は31日から実施される可能性があります。
●30日に9名の新たな感染者及び国内5例目の死亡患者が確認され,3月2日から30日までに確認されたヨルダン国内の感染者数の累計は268名です(うち26名退院,5名死亡)。
 
1 銀行の営業時間延長の可能性
 ヨルダン中央銀行の発表によれば,3月30日(月)に開始された銀行店舗の営業時間について,昨日は午前10時から午後2時までとしていましたが,これを午後3時までに延長することを決定したとのことです。同延長は,31日(火)にも実施される可能性があります。また,このような形式での銀行の営業は,金曜日及び土曜日を除き,毎日実施していくとのことです。
 
2 ホテルでの強制隔離者の帰宅(国家安全・危機管理センター発表)
 3月30日(月),アンマン,死海及びアカバの強制隔離者の帰宅の第一陣として,3,337名のヨルダン国籍者が自宅へと移送されました。31日(火)には,第二陣として,外国籍者1,148名の自宅への移送を実施予定とのことです。
 
3 ヨルダン国内における感染状況
 ジャーベル保健大臣は,3月30日(月)午後8時,ヨルダン国内における感染状況について,以下のとおり発表しました。
(1)30日(月)に9名の新たな感染が確認され,3月2日(月)から30日(月)までに確認されたヨルダン国内の感染者数の累計は268名となった(うち26名退院,5名死亡)。
(2)29日(日)夜,新型コロナウイルス感染が原因で肺を患っていた,64歳の男性患者が,プリンス・ハムザ病院にて死亡。また30日(月),イルビッドでの結婚式にてコロナウイルスに感染した81歳の女性患者が,アブドッラー建国国王病院(イルビッド)にて死亡。30日(月)中にさらに1名の死亡が確認され,これによりヨルダン国内での死亡件数は計5名となった。
(3)29日(日),8名の回復が確認された。国籍の内訳は,フランス人4名,ヨルダン人2名,アルゼンチン人1名,イラク人1名。
(4)これまでの感染者268名のうち,外国籍者の判明分はイラク人8名,フランス人6名,英国人3名,レバノン人3名,フィリピン人2名,パレスチナ人1名,アルゼンチン人1名,ウガンダ人1名,スペイン人1名,米国人1名,スリランカ人1名。
 
 
 本情報は,当局が公式に発表した最新情報を中心に掲載しており,今後変更があり次第連絡いたします。
 いずれにしても,外出禁止令は引き続き出されていますので,これを遵守して頂くようお願い致します。
 
 
-新型コロナウイルス感染症の予防法について-
 まずは,一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。
具体的には,石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い,できる限り混雑した場所を避けてください。また,十分な睡眠をとっていただくことも重要です。
 さらに,人込みの多い場所は避けるとともに,屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすときはご注意下さい。
 
 
外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
外務省海外安全ホームページ 新型コロナウイルス
(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域の行動制限)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
外務省 海外安全ホームページ 医療・健康関連情報
https://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
ヨルダン保健省 Hotline 06-5004545 / Corona Virus Free Line 111 https://www.moh.gov.jo/
ヨルダン保健省 新型コロナウイルス関連ページ(アラビア語)
https://corona.moh.gov.jo/ar
 
 
在ヨルダン日本国大使館
領事・警備班(連絡先: +962−(0)6−5932005)