在留届提出義務となる3か月要件について

「在留届」は海外に3か月以上滞在する場合に提出することとなっておりますが,この3か月は連続して滞在する場合が対象となります。従いまして,例えば別々の国における滞在形態により,年間に合算して3か月以上の滞在になった場合でも在留届提出の対象とはなりませんので,例えばA国,B国にある日本大使館にそれぞれ在留届を提出いただく必要はございません。
 
一方,外務省では,3か月未満の滞在の場合に登録していただくことのできる海外旅行登録システム「たびレジ」を導入しております。「たびレジ」への登録は任意ですが,「たびレジ」に登録いただきますと,最新の現地安全情報が配信されたり,緊急時には登録された情報をもとに安否を確認し,必要な支援を行います。例えば1カ国に2か月(3か月未満)滞在される場合には,是非,「たびレジ」に登録するようするお願いいたします。(「たびレジ」の登録はこちらをご覧ください。https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )